青汁は決してまずい飲み物ではない

青汁は決してまずい飲み物ではない

私は初めて青汁の存在を知った時、絶対にまずいし青臭いし粉っぽそうだから飲みたくないと思ってました。
勝手なイメージをつけて飲むことを拒否し、それでいて便秘がつらいだのなんなのと騒いでいたのだからたちが悪いですよね。
でも実際に飲み始めると、まずいというイメージは全くなくなりました。便秘を改善させるために積極的に飲むようになったのです。
青汁はまずい、という先入観をなくしてくれたのが牛乳。

 

今まで青汁は冷水に溶かして飲むものだとばかり思っていて、牛乳に混ぜるという手段は知りませんでした。ロクに情報収集もせずに拒否していたのだから今思うと笑ってしまいます。
青汁は水だけでなく、牛乳、豆乳など、あらゆる飲み物との相性が良く、色々なものに混ぜて飲んでみたいと思いました。
ただ、さすがに青汁ですから合わない飲み物の方が多く、私としては牛乳が一番無難だと思いました。

 

私は昔牛乳も苦手で飲めませんでした。牛乳はわりと臭みがあり、小学生の頃は鼻をつまんで飲むほど苦手でした。
でも今は市販の牛乳でも味はいいし、さらには青汁に混ぜることによってお互いの臭みを消すことになり、とてもおいしい飲み物として生まれ変わるんだということを知りました。
はっきり言って、この二つの相性は抜群です。昔のように不味くなくなった青汁と、市販で売られているごく普通の牛乳を混ぜることで、不思議なことに抹茶のような味に生まれ変わることになるのです。
私は初めてこの組み合わせで飲んだ時、これなら青汁も牛乳も気軽に飲むことができる、と感動しました。昔はどちらも毛嫌いしていましたから、このコラボは奇跡に近いような発見でした。

 

どちらも苦手な私が、二つを混ぜ合わせることでおいしく飲むことができるようになったのだから、同じようにまずいという先入観で飲むことをためらっている人も絶対に飲むことができると思いました。特に朝、トーストを食べながら飲むと最高においしいです。マッチします。

 

青汁を飲むことが日課になった私の体は、徐々に健康的になっているような気がします。これからどんどん年を取って体調管理が難しくなっていきますから、青汁のような健康食品を積極的に摂りいれて健康を維持することが大切だと思いました。
もしかしたら青汁は年を取るにつれて魅力が理解できるようになる商品なのかもしれませんが、私は食生活が乱れがちな若い人にどんどん飲んでもらって、健康的な体を手に入れてもらいたいと思いました。
飲みやすい青汁