青汁、そして話題になった緑汁、試してみました。

青汁、そして話題になった緑汁、試してみました。

青汁が大好きな私は各メーカー、色々な商品を試してきた。
青汁の原料も各社様々である。
抹茶とブレンド、大麦、ケールのみ、等々。

 

私が一番好きなのはケールのみ、の青汁だ。飲みやすさは最低ランクだと思うが、これぞ青汁!という感じで、いかにも身体に良さそうな感じがするのである。
飲みやすくしたものは、私からすると何だか物足りない。

 

昔のCMにあったように「う〜ん、、マズイ!もう一杯!」というものを飲んだ方が、身体が「良い物摂りました!」とシャッキリするような感じがするのだ。
で、確実に健康になって行くような気がするのである。
気持ちはとても大事で、健康に向かっているような気持がすると、自ずからいろいろな事に対して、前向きになり、やる気も出てくる。
そういった面で、気軽に健康な気分にもなれる青汁は、私の食生活に欠かせないものになっているあるのである。
もちろん、青汁を飲んでいると、便秘などにも一定の効果はあるようだ。

 

で、色々な青汁を試し尽くしてしまった私が、最近気になったものは青汁ではなく、ユーグレナという代物だ。
これは青汁に似ているが、青汁ではなく、緑汁と呼ぶのだそうだ。
そして緑汁は海藻の一種で、植物性と動物性の両方の性質を持つ万能の栄養素らしいのである。

 

普段の青汁からちょっと浮気をして、緑汁に乗り換えてみた。
初めて飲んでみた感想は、青汁よりも何だか飲みにくい味。野菜というより、海藻寄りの味な感じがした。
海藻の一種、という先入観からか、生臭さのようなものを感じてしまった。

 

「ユーグレナの緑汁を飲むと、お通じが驚くほど良くなる」と聞いていたので、そこをかなり期待して飲み続けてみた。
確かにお通じは良くなった感じはあるが、青汁を飲んでいた時と比べてみると、それほど凄い効果、という程でもない。
3か月程続けて飲んでみたが、結論は青汁とそれ程変わらない、という結論に達した。

 

結局生臭いような感じの味に慣れず、3か月で緑汁は終了。
またもとのケール100%の青汁に戻った。

 

こちらの方が、やはり自分の身体にはしっくりと来るようだ。
飲んだ後の気分も爽快。後味もいい
そして何より、自分一人だけの食事の時にはかなり重宝する。
料理をしたくない時、野菜代わりに青汁をゴクリ。
安心感で満たされる。

 

ダイエット中もまず最初に青汁をゴクリ。
野菜の食物繊維は脂肪や炭水化物の吸収を抑えてくれるから、この手軽さは欠かせない。
急激な変化は見られないが、体重増加防止には役立っているみたいだ。

 

手軽に摂れる青汁。目立つ食品ではないが、しっかりと健康をサポートしてくれている裏方さんのような存在だ。
これからもずっとお付き合いしていきたい。